大西亜玖璃 2nd LIVE ~Meet a DATE~:熱狂の横浜公演レポート

FMで音楽を楽しむ編集者が夜公演を徹底レポ。大西亜玖璃のコンセプチュアルな演出、ファンとの一体感を描き出すライブの魅力が満載。

139
0

大西亜玖璃 2nd LIVE ~Meet a DATE~:熱狂の横浜公演レポート

『大西亜玖璃 2nd LIVE ~Meet a DATE~』が5月18日(土)に横浜ランドマークホールで開催され、大成功に終わりました。昼・夜公演ともにソールドアウトし、特に夜公演は熱狂的なファンの声援が響き渡りました。

このライブのコンセプトは、そのタイトル通り大西亜玖璃、通称あぐぽんとのデートを楽しむというものです。ステージセットは彼女の部屋を再現し、ベッドや洋服がかかったハンガーラック、大きなクマのぬいぐるみが配置され、まるで彼女のプライベート空間に招かれたかのような演出が施されていました。開演と同時に、オルゴールの音色と彼女のナレーションが流れ、観客はデート前夜のドキドキ感を共有しました。

オープニングナンバー「曖昧ガール」のイントロが流れ始めると、かわいいピンクのパジャマ風衣装をまとったあぐぽんが客席の扉から登場。この意外性のあるサプライズに会場が大きくどよめきました。彼女はファンに手を振りながら客席を歩き、ステージへと進みます。2コーラス目からはステージ上でパフォーマンスし、会場の盛り上がりは最高潮に達しました。

続く「恋よりずっとOnly you」では、あぐぽんがベッドに座りながら歌い、クマのぬいぐるみに抱きついたり、服を選んだりする姿に観客は一喜一憂。最新シングル「曖昧ガール」からの曲で一気にテンションを上げ、その後も「初恋カラーズ」で一体感を生み出しました。

ステージでは何度もナレーションが入り、「本日は晴天なり」や「指先ハート」のパフォーマンスで観客とのコール&レスポンスが行われました。あぐぽんファンの声援は圧倒的で、彼女の魅力を最大限に引き出していました。

待ち合わせ場所へ向かう電車のシーンでは、これまでのファンとの思い出を振り返り、会場からは笑いが起こりました。ラブソング「夏夢花火」、「花の青空」では観客も着席して聴き入り、会場全体が一つになりました。「結んで、ひらいて」では、あぐぽんがファンに向けて「大好きなんだもん」と語ることで、曲が新たな意味を持ちました。

本編ラストの「Love・Me・Do」では、あぐぽんがハッピーな歌声で会場を一つにし、エネルギッシュなステージを締めくくりました。そしてアンコールでは、新たなアレンジが施された「ジェリーフィッシュな君へ」を披露。このパフォーマンスでさらに一体感が生まれました。最後はデビュー曲のカップリング「Ready to fly」を歌い、ファンとの絆を再確認しました。

大西亜玖璃の2ndライブは、まさにファンとのデートを体現した特別な一夜となりました。また、今後のファンミーティングも非常に楽しみです。8月10日には山野ホールでの開催が決定しており、さらに盛り上がること間違いありません。詳細は公式サイトで確認できます。
出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者