2024年06月10日更新
Kitri 義妹生活 水槽のブランコ

Kitri、TVアニメ『義妹生活』ED主題歌に決定!新曲「水槽のブランコ」で描く複雑な家族の物語

人気ユニットKitriが、7月4日放送開始のTVアニメ『義妹生活』のエンディング主題歌を担当することが決定しました。新曲「水槽のブランコ」は、複雑な家族関係を描いた原作の世界観に寄り添い、Kitriらしい繊細なメロディーと歌詞で表現されています。

35
0

Kitri、TVアニメ『義妹生活』ED主題歌に決定!新曲「水槽のブランコ」で描く複雑な家族の物語

人気ユニットKitriが、7月4日(木)より放送開始予定のTVアニメ『義妹生活』のエンディング主題歌を担当することが決定しました。

エンディング主題歌となるのは、新曲「水槽のブランコ」。原作小説の世界観に寄り添い、Kitriが書き下ろした楽曲です。

『義妹生活』は、シリーズ累計60万部を突破した三河ごーすと氏によるライトノベルが原作。両親の離婚によって家族観に変化が生じた主人公の悠太が、再婚によって同い年の義理の妹・沙季と一つ屋根の下で暮らすことになる物語です。同居生活を通して、二人の関係性が変化していく様子が描かれています。

Kitriは、この作品の世界観に共感し、「水槽のブランコ」を制作。「家族になるということが、時に安心感となり、時には見えない壁を生んでしまう」という複雑な心情を表現した楽曲に仕上がっています。

楽曲について、Kitriは「白黒をつけることの多い世の中で、『義妹生活』には一言で簡単に言い表せないものがぎゅっと詰まっています。まだ何色でもないこの曲が、物語を通して皆さん思い思いの色に染まってくれたら嬉しいです」とコメントしています。

「水槽のブランコ」は、7月10日(水)にデジタルリリースされる予定です。

『義妹生活』は、スタジオディーンがアニメーション制作を担当する、話題のアニメ作品です。オープニング主題歌は、fhánaが担当する「天使たちの詩」となっています。

Kitriは、クラシックピアノをベースに、実験的な音楽を創造するユニットです。2019年1月に、大橋トリオのプロデュースでメジャーデビューしました。これまでに、TVアニメ『古見さんは、コミュ症です。』エンディングテーマ「ヒカレイノチ」やTVアニメ『事情を知らない転校生がグイグイ来る』エンディングテーマ「ココロネ」など、数々の話題曲をリリースしています。また、他アーティストへの楽曲提供など、多岐に渡って活躍しています。

「水槽のブランコ」は、Kitriが紡ぎ出す繊細なメロディーと歌詞で、複雑な家族の物語を彩る楽曲となるでしょう。ぜひ、アニメ『義妹生活』とともに、聴き込んでみてください。
Kitriの新曲「水槽のブランコ」は、アニメ『義妹生活』の世界観に寄り添いながらも、Kitriらしい繊細さと力強さを感じられる楽曲でした。

歌詞は、複雑な家族関係の中で揺れ動く心情を見事に表現しており、聴く人の心を深く揺さぶります。メロディーは、どこか懐かしさを感じさせる優しさの中に、力強いリズムが組み込まれており、物語の展開に合わせたドラマティックな展開を見せる楽曲に仕上がっています。

Kitriは、これまでにも多くのアニメ作品に楽曲を提供してきましたが、今回の「水槽のブランコ」は、今まで以上に深いテーマに挑戦しているように感じます。

「水槽のブランコ」は、アニメ『義妹生活』のエンディングテーマとして、物語をさらに盛り上げてくれるだけでなく、単独でも楽しめる、完成度の高い楽曲だと思います。

Kitriは、これからも個性的な楽曲で、私たちを魅了してくれることでしょう。今後の活躍にも期待しています。
出典:日本コロムビア株式会社
出典:日本コロムビア株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者