2024年05月23日更新
Jalimpa OTEMBASTUDIO 瀬名俊介

瀬戸内育ちの宇宙語シンガーソングライターJalimpa、デビューアルバムリリース

瀬戸内海の自然に育まれた2歳児シンガーソングライターJalimpaのデビューアルバム「Nonsense makes Sense」が各種音楽サービスで配信開始。異次元のオルタナティブ・ミュージックが社会に解放感をもたらす。

121
0

瀬戸内育ちの宇宙語シンガーソングライターJalimpa、デビューアルバムリリース

音楽業界に新たな風を吹き込む、驚きのアーティストが登場しました。その名はJalimpa。彼女は瀬戸内海国立公園で育ち、わずか2歳の「野生児シンガーソングライター」としてデビューを果たしました。言語を習得する前から、波の音や虫の鳴き声、さらには猛禽類の飛翔音を子守唄にして育った彼女の音楽は、まさに自然の息吹そのものです。彼女が紡ぎ出す独特の喃語、通称「宇宙語」は、私たちが普段感じることのできない生命の根源的な叫びを具現化しています。この新たな才能を紹介するのは、東京および瀬戸内を拠点にアート&カルチャーコンテンツの制作を手がけるOTEMBA STUDIOです。このスタジオは、社会の常識や既成概念に囚われない自由な表現を追求しています。そしてついに、Jalimpaのデビューアルバム「Nonsense makes Sense」が、Spotify、Apple Music、Amazon Musicなど各種音楽サービスで本日より配信開始となりました。プロデューサーの瀬名俊介氏は「過去2年間に彼女が発した100時間を超える歌声の音源から、輝きを放つフレーズを抽出し、緻密に構築したエレクトロニカ・サウンドと融合させた」とコメントしています。彼の言葉通り、このアルバムは異次元のオルタナティブ・ミュージックとして、未来の音楽の地平を切り開くことを予感させます。「Nonsense makes Sense」の収録曲は全10曲。曲名だけを見てもその独特な世界観が伝わってきます。たとえば「Tamo Tame」や「Japoneex」といった曲は、タイトルから既にリスナーの興味を引き立てることでしょう。その他にも「Tama da TaTaTa」や「Dali Dali don don」など、まるで自然と共鳴し、宇宙と対話しているかのような美しいサウンドが満載です。音楽はただの娯楽ではありません。それは人々の心を癒やし、新たな視点を提供してくれるものです。Jalimpaの音楽は、まさにその精神を体現しており、聴く者の潜在意識を解放し、社会常識や既成概念から解き放つ力を持っています。OTEMBA STUDIOが制作するアート&カルチャーコンテンツは、このように人々に新たなインスピレーションを与えることを目的としています。彼らの活動は、音楽だけに留まらず、社会全体を「アクティベーション」する力を備えています。最後に、「Nonsense makes Sense」の配信詳細についてお知らせします。各種音楽サービスでの配信は既に始まっていますので、すぐにでも聴いてみてください。また、彼女の活動や最新情報については公式ウェブサイト(https://jalimpa.com)をご覧ください。Jalimpaの音楽を通じて、新しい音楽の世界に触れることができる日を楽しみにしています。
出典:OTEMBA STUDIO
出典:OTEMBA STUDIO

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者