2024年05月22日更新
Sonos SonosAce ヘッドフォン

Sonos Ace: 革新的ヘッドフォンで変化する私たちのリスニング体験

Sonosが待望のヘッドフォン「Sonos Ace」を発表。高音質で長時間使用可能なこのモデルは、アクティブノイズキャンセリングや空間オーディオなど、次世代機能を備えています。音楽ファン必見の新製品に注目です。

25
0

Sonos Ace: 革新的ヘッドフォンで変化する私たちのリスニング体験

米国発のオーディオブランドSonosは、ついに初のパーソナルリスニング分野に進出し、待望のヘッドフォン「Sonos Ace」を発表しました。この新しいモデルは、Sonosが長年にわたり築き上げてきたオーディオ技術とデザインの知識を駆使して、高品質なサウンド体験を提供します。FMで普段から音楽を聴き、音楽ライブやコンサートに多数参加している私たち音楽ファンにとって、この製品は大変興味深いものです。Sonos Aceは、Bluetooth®接続、ロスレスオーディオ、空間オーディオに対応し、最高レベルのアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能とアウェアモードを搭載しています。さらに、2024年後半には最新技術「TrueCinema」が導入され、驚異的なホームシアター体験をもたらします。外観はブラックとソフトホワイトの二色展開で、海外では2024年6月5日に販売開始、日本では同年6月7日に先行予約が開始され、6月末から全国で販売予定です。価格は74,800円(税抜)です。SonosのCEO、パトリック・スペンス氏は、「Sonos Aceは、私たちが20年間培ってきた音響技術の結晶です。このヘッドフォンは驚くべきサウンドと洗練されたデザイン、そして長時間の使用でも快適さを維持します。」と述べています。特に注目すべきは、Sonos Aceのカスタム設計された2つのドライバーです。このドライバーは、音の歪みを最小限に抑えつつ、どの音域でも高精度なサウンドを再現します。お気に入りの曲やポッドキャスト、友人との通話でも、一切の音を逃しません。また、Sonos Aceを使えば、家族や周囲の雑音を気にせず、自分だけのプライベートシネマの世界に浸ることができます。テレビの音声も簡単にSonos Aceに切り替えられ、Dolby Atmos対応の空間オーディオが耳元を包み込むように響きます。ダイナミックヘッドトラッキング機能により、体勢を変えてもリアルタイムで音場が変わらないため、映画のシーンに没入し続けることができます。アクティブノイズキャンセリング機能は、周囲の騒音を徹底的にシャットアウトし、アウェアモードを使えば、周囲の音も必要に応じて聞こえるように調整できます。バッテリーは最長30時間の駆動が可能で、急速充電によって中断することなく音楽を楽しめます。3分の充電で3時間の再生が可能なため、いつでも準備万端です。Sonosの最高製品責任者、マキシム・ブヴァ・メルラン氏は、「Sonos Aceは、ユーザーの日常に寄り添うサウンド体験を目指して設計されました。高級素材を使用した軽量設計により、長時間でも快適に使用できることが特徴です。」とコメントしています。高性能であるだけでなく、サステナブル素材も取り入れた設計が魅力です。例えば、交換可能なイヤークッションには循環型素材が使用され、軽量のトラベルケースにはリサイクルフェルトが75%使用されています。環境に優しい設計も評価ポイントです。Sonos Aceは、FMで日常的に音楽を聴き、数多くのライブやコンサートに参加する音楽ファンにとって、新たなリスニング体験を提供する一品です。ぜひチェックしてみてください。詳しくはSonosの公式サイトやInstagramアカウントをフォローして最新情報をキャッチしましょう。
出典:Sonos Japan合同会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者