学園アイドルマスター、オリジナルサウンドトラック全34曲がついにサブスク解禁!

フレッシュな学園アイドルたちが紡ぐ青春の音楽が、各種サブスクリプションサービスで配信開始。心躍るメロディが日常を彩る。

104
0

学園アイドルマスター、オリジナルサウンドトラック全34曲がついにサブスク解禁!

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、5月16日にリリースしたスマホ向けアプリゲーム「学園アイドルマスター」のオリジナルサウンドトラックを5月17日0時より各種サブスクリプションサービスで配信を開始しました。公開されるサウンドトラックには全34曲が含まれており、全世界でダウンロードおよびストリーミング可能です。また、5月16日には全9人のソロ歌唱曲と全体曲「初」も同時にサブスクが解禁されています。これにより、プレイヤーや音楽ファンはゲームの世界観を音楽を通じて楽しむことができるようになります。特に「初星学園」での青春BGMは、ゲームをプレイしていなくても日常生活に彩りを与えてくれるでしょう。

サウンドトラックの楽曲構成は、優しいピアノやクラシカルな音色、ジャズやロック、さらにはスカなど多彩なリズムが融合しており、聴く人の心を躍らせる構成となっています。心に響くメロディと感情豊かなサウンドが交錯する瞬間は、まるで自身が「初星学園ライフ」を楽しんでいるかのような錯覚に陥るほどです。通常音源に加え、ハイレゾ音源での配信も開始されており、非常にクリアな音質で楽しむことができます。

さらに、5月16日には初星学園のアイドルたちが歌う全10曲の歌唱曲もサブスクリプションサービスにて全世界配信されました。これには全体曲「初」をはじめ、花海咲季の「Fighting My Way」、月村手毬の「Luna say maybe」、藤田ことねの「世界一可愛い私」、有村麻央の「Fluorite」、葛城リーリヤの「白線」等、個性豊かな楽曲がラインアップされています。各楽曲はそれぞれのアイドルの個性や物語を反映しており、ファンにとって大きな魅力となっています。

このように、「学園アイドルマスター」は音楽シーンにも積極的に進出しています。ゲームの舞台となる「初星学園」はアイドル養成学校であり、プレイヤーは新入生プロデューサーとしてアイドル科の生徒たちを育て上げます。彼女たちをプロデュースし、魅力を引き出しながらトップアイドルを目指すというストーリーは、ゲームファンの心を掴んで離しません。

また、このサウンドトラックのリリースを皮切りに、CDやグッズ、ライブイベントなど、多岐にわたる展開が予定されています。特にライブイベントは、リアルなステージでアイドルたちがパフォーマンスを披露し、観客と一緒に音楽の感動を共有する場となります。

「学園アイドルマスター」の公式サイトや公式X(旧:Twitter)、公式Discordでは、今後の情報や最新ニュースが続々と発信される予定です。アイドルマスターポータルも併せてチェックすることで、より深く「学園アイドルマスター」の世界に浸ることができます。

音楽を通して「学園アイドルマスター」の世界観を楽しむことができるこの機会をお見逃しなく、ぜひ各種サブスクリプションサービスにてお好きなデバイスでお楽しみください。注目の配信リンクはこちら: https://nex-tone.link/QYayiP4NR。また、歌唱曲の詳細な配信リンクはこちら: https://nex-tone.link/HatsuboshiGakuen。
出典:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
出典:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
出典:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
出典:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
出典:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
出典:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者