日本フィル夏休みコンサート2024:音楽の扉を開く特別な夏

日本フィルハーモニー交響楽団が贈る、子供も大人も楽しめる夏休みコンサート。名曲の数々、バレエ、みんなで歌える曲など、音楽の魅力を存分に味わえる1時間50分。親子でクラシック音楽の世界に触れてみてはいかがですか?

96
0

日本フィル夏休みコンサート2024:音楽の扉を開く特別な夏

公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団は、2024年7月23日(火)にロームシアター京都にて「日本フィル夏休みコンサート2024」を開催いたします。1975年から続くこのコンサートは、今年で50回目を迎え、首都圏では記念すべき節目を迎えます。

今年のコンサートは、気鋭の作曲家信長貴富氏に委嘱した「夏休みコンサート50回記念 《音楽のとびら》~管弦楽のためのファンファーレ~」で幕を開けます。その後、エルガーの「愛のあいさつ」、ホルストの「木星」など、誰もが知っている名曲が演奏されます。

第二部では、チャイコフスキーのバレエ《くるみ割り人形》を、スターダンサーズ・バレエ団による幻想的な舞踊で表現します。鈴木稔氏の演出・振付による、オリジナル版の《くるみ割り人形》を、日本フィルの演奏とともに楽しんでいただけます。

そして、第三部は会場の子供たちが主役となり、みんなで歌える時間です。「さんぽ」「ふるさと」「勇気100%」など、誰もが知っている曲を、一緒に歌いましょう。

指揮は、確かな技術と音楽に対する深い理解で知られる梅田俊明氏が務めます。お話とうたは、Eテレ『うたって・ゴー』歌のおねえさんとしても活躍する江原陽子氏が担当します。

本コンサートは、クラシック音楽に初めて触れる子供たちにとって、音楽の楽しさ、素晴らしさを体験できる絶好の機会です。家族みんなで、音楽の感動を共有しませんか?
日本フィル夏休みコンサート2024は、子供たちの心を育むだけでなく、大人にとっても音楽の楽しさ、素晴らしさを感じられるイベントだと感じました。信長貴富氏の新作や、バレエ《くるみ割り人形》など、聴きごたえのあるプログラムが魅力です。特に、子供たちが一緒に歌える第三部は、会場全体が一体となり、温かい空気に包まれるでしょう。

夏休み期間中の貴重な体験として、家族で訪れてみてはいかがでしょうか。きっと、心に残る思い出になるはずです。
出典:公益財団法人 日本フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人 日本フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人 日本フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人 日本フィルハーモニー交響楽団

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:公益財団法人 日本フィルハーモニー交響楽団

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者