沢木耕太郎が誘う長崎の音旅—特別番組で描く音の紀行文

作家・沢木耕太郎がナビゲートする特別番組『Sound Travelogue~沢木耕太郎、日本を旅する~』がFMヨコハマで放送決定。今回は長崎が舞台。

44
0

沢木耕太郎が誘う長崎の音旅—特別番組で描く音の紀行文

音楽好きの皆さん、そして旅好きの皆さんに朗報です!FMヨコハマ(84.7MHz)が2024年5月26日(日)に特別番組『Sound Travelogue~沢木耕太郎、日本を旅する~』をお届けします。20:00から21:00までの1時間、沢木耕太郎がナビゲートするこの番組では、長崎という魅力的な都市を舞台に、「音の紀行文」として皆さまを新たな旅へと誘います。

沢木耕太郎はこれまで岩手、青森、広島、京都、石川、愛媛、北海道、神奈川、島根、長野、大分、福島、大阪、静岡、東京、栃木、奈良、沖縄、山形、高知、千葉、福岡、兵庫、岐阜と広範な地域を旅してきました。そして今回、25回目となる特別番組では、歴史と文化が息づく長崎の魅力を掘り下げます。毎回、その地にまつわる作品の朗読やラジオドラマが一緒に放送され、リスナーを深い旅情へと導きます。

今回のラジオドラマは、芥川龍之介の名作「煙草と悪魔」の脚色版です。出演者は山中真尋と清野雄基、これまでにない新しい切り口で文豪の作品をお届けします。沢木耕太郎のナレーションとともに、長崎という舞台の歴史や風土、そして人々の真実に迫る「音の紀行文」をお楽しみいただけます。

長崎と言えば、大浦天主堂や出島、平和公園などの観光名所が有名ですが、この番組ではそれだけにとどまりません。長崎特有の町並みや、異文化が融合した歴史、地元の人々の日常生活に至るまで、沢木耕太郎の独自の視点から描かれる長崎の魅力がたっぷりと詰まっています。また、音楽や効果音を駆使した演出がリスナーの感覚を刺激し、まるでその場にいるかのような臨場感を味わえます。

沢木耕太郎は日本を代表する旅作家として、その透徹した観察眼と豊かな表現力で知られています。彼の作品に触れたことがある方なら、その描写の精巧さと人間の本質に迫る洞察力に魅了されたことでしょう。この番組も例外ではなく、ラジオを通じて届けられる彼の言葉には独特の力があります。

また、FMヨコハマはその高品質な音楽番組で知られています。関東一円にその声を届けるだけでなく、radikoを通じて全国どこからでもリスニングが可能です。これにより、より多くのリスナーが沢木耕太郎の旅を共有し、彼の視点から描かれる長崎の魅力を体感できます。

【番組概要】
◆タイトル:「Sound Travelogue~沢木耕太郎、日本を旅する~」
◆放送日時:2024年5月26日(日)20:00~21:00
◆DJ:沢木耕太郎
◆ラジオドラマ「煙草と悪魔」脚色版
出演:山中真尋、清野雄基
◆提供:DNP大日本印刷

音楽と旅、そして文学が交錯するこの特別番組を、ぜひお聴き逃しなく。長崎の新たな魅力を沢木耕太郎と共に発見し、新しい世界に一歩踏み出してみませんか?FMヨコハマは皆様の心の旅をサポートします。パソコン・スマホからは、radiko(http://radiko.jp/#!/live/YFM)でお聴きください。

最後に、この特別番組を聴いた後には、ぜひ実際に長崎を訪れてみてください。耳を通じて得た知識と経験が、実地での体験を一層豊かなものにしてくれることでしょう。音楽、文学、そして旅が一体となった特別な時間を、どうぞお楽しみください。
出典:横浜エフエム放送株式会社
出典:横浜エフエム放送株式会社
出典:横浜エフエム放送株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者