東京フィルハーモニー交響楽団、韓国ツアーで熱狂の喝采を浴びる!

東京フィルハーモニー交響楽団が、名誉音楽監督チョン・ミョンフンとともに19年ぶりとなる韓国ツアーを成功させ、観客総立ちの大盛況で帰国しました。この感動のステージの詳細をお届けします。

130
0

東京フィルハーモニー交響楽団、韓国ツアーで熱狂の喝采を浴びる!

2024年5月7日から11日までの間、東京フィルハーモニー交響楽団は名誉音楽監督チョン・ミョンフンと共に韓国の3都市で計4回の公演を行い、観客総立ちの熱狂的な喝采を受けました。韓国の首都ソウルを含む巡演は、19年ぶりの韓国ツアーであり、日韓の音楽家たちが一堂に会した特別な瞬間でした。

ソウル・アーツ・センターでの初公演では、シューマンの「ピアノ協奏曲」とベートーヴェンの「交響曲第5番『運命』」が演奏されました。特にピアニストとして出演したチョ・ソンジンの見事な演奏は、観客を魅了しました。さらに、オーケストラのアンコールでは、ロッシーニの「ウィリアム・テル」序曲より「スイス軍の行進」が響き渡り、会場は大きな拍手に包まれました。

5月9日の世宗文化会館では、ベートーヴェンの「三重協奏曲」と「交響曲第9番『合唱付き』」が演奏され、ソリストや韓国の市立合唱団との見事なコラボレーションが披露されました。この夜、特に「合唱付き」の迫力ある演奏に観客は沸き、カーテンコールが何度も続きました。

益山(イクサン)での公演でも同様のプログラムが演奏され、特にシューマンの「ピアノ協奏曲」ではチョン・ミョンフン自らがピアノを弾き、さらに観客を魅了しました。最後に専用のアンコール曲としてロッシーニが再び演奏され、観客は立ち上がり感謝の意を示しました。

ツアー最終日、高陽(ゴヤン)アラムヌリ芸術センターでは、再びプログラムAが披露されました。ここでも全席が売り切れ、観客の期待はピークに達していました。壮大なフィナーレを飾ったベートーヴェンの「交響曲第5番『運命』」は、圧巻の一言であり、会場全体が大きな感動に包まれました。

今回のツアーでは、名誉音楽監督チョン・ミョンフンの指揮のもと、韓国の若手アーティストや市立合唱団との共演が実現。これは、2025年の日韓国交正常化60周年を前にした重要な文化交流の一環ともなりました。各公演ともにチケットは完売、観客からは熱狂的な歓迎を受け、全ての場面で喝采が鳴り止むことはありませんでした。

このツアーを通じて、東京フィルハーモニー交響楽団は国内外での評価をさらに高め、国際的な舞台での存在感を示しました。今後も、彼らの演奏活動は多くの音楽ファンに感動を与え続けることでしょう。次の主要な演奏会として、2024年6月の「第1000回定期演奏会」でのメシアン「トゥランガリーラ交響曲」が予定されており、これはまさに見逃せない一大イベントとなることでしょう。
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
出典:公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者