2024年06月10日更新
AWA ハレルヤ 早川博隆

音楽ストリーミングサービスAWA、Finalステージ参加者9名による合唱曲「ハレルヤ」リリース!

音楽ストリーミングサービスAWAが開催したイベントのFinalステージ参加者9名による合唱曲「ハレルヤ」がリリースされました。楽曲は、数々のアーティストをプロデュースしてきた早川博隆氏が提供。イベントでの熱演を記念した特別な1曲となっています。

15
0

音楽ストリーミングサービスAWA、Finalステージ参加者9名による合唱曲「ハレルヤ」リリース!

音楽ストリーミングサービス「AWA」は、2023年1月に開催したイベントのFinalステージ参加者9名による合唱曲「ハレルヤ」をリリースしました。

この楽曲は、数々のアーティストをプロデュースしてきた早川博隆氏が提供したもので、イベントでの審査員を務めていた早川氏が、Finalステージ出演者のパフォーマンスに感銘を受け、急遽早川博隆賞を設定したことにより実現しました。

Finalステージに残った9名は、EMUNEKO、未宵エレナ、Sahya、Sha-la、じゅん、桃帷さくら、Nosuke。、蜂屋ひまわり、雛森さくらの各氏。彼らは、アーティスト名「アワーズ」として「ハレルヤ」をリリースし、イベントの熱気をそのままに、聴く人の心を揺さぶる感動的な合唱を披露しています。

「ハレルヤ」は、早川博隆氏と中山英二氏による共作で、中山英二氏はNMB48「阪急電車」、Shuta Sueyoshi(AAA)「秒針 Re:time」、戸松遥「Boom Boom Typhoon!」など、アイドル、アーティスト、声優と幅広い分野で活躍する作曲家として知られています。

「ハレルヤ」は、イベントの興奮と感動を再び味わえる楽曲として、多くのファンから支持を集めています。AWAの音楽ストリーミングサービスで、ぜひ聴きごたえのあるこの合唱曲を体験してみてください。

なお、早川博隆氏は、AKB48「Teacher Teacher」、乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」など、数々のヒット曲を手がけており、音楽業界において高い評価を受けています。
AWAのイベントで生まれた合唱曲「ハレルヤ」は、参加者9名の熱意と才能が詰まった感動的な楽曲です。早川博隆氏による楽曲提供は、イベントの盛り上がりをさらに加速させ、Finalステージに残った9名の個性を際立たせています。

聴き手の心を揺さぶる力強い歌声と、心を温めるハーモニーは、イベントの熱気をそのままに伝えてくれます。楽曲を聴いていると、イベントでの感動的なシーンが蘇り、彼らの努力と情熱が伝わってくるようです。

「ハレルヤ」は、音楽ストリーミングサービスAWAのイベントを通じて生まれた、特別な楽曲と言えるでしょう。イベントに参加したファンはもちろん、音楽好きなすべての人々に、ぜひ聴いてほしい一曲です。
出典:AWA株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者