アイドル×バンドが共演!『TAi-BURN!』第7回の見どころと魅力

ライブハウスを賑わすアイドルとバンドがオンライン空間で繰り広げる『TAi-BURN!』第7回配信!AWAラウンジの魅力をMCとゲストで深掘りします。

50
0

アイドル×バンドが共演!『TAi-BURN!』第7回の見どころと魅力

5月21日(火)の夜、音楽ファンには見逃せないイベントが控えています。AWA株式会社が運営する音楽ストリーミングサービス「AWA」のオンライン空間「ラウンジ」で、第7回生配信番組『TAi-BURN!』が開催されるのです。このイベントは、ライブハウスを中心に活躍するアイドルとバンドが共演し、新たな音楽の楽しみ方を提供します。特に注目すべきは、バックドロップシンデレラ、PIGGS、NARLOWという個性豊かな3組のゲストです。

バックドロップシンデレラは、2006年に東京池袋で結成された4人組ロックバンドです。彼らは「ウンザウンザ」と呼ばれる独自の音楽スタイルで、聴く者を踊らせる力を持っています。年間100本近いライブをこなし、2024年初頭のツアーでは全公演がソールドアウト、さらにアメリカでのフェスツアーも成功させました。そのエネルギッシュなパフォーマンスは、今後も目が離せない存在です。

PIGGSは、元BiSのプー・ルイがプロデューサー兼メンバーとして立ち上げたアイドルグループです。彼女たちは、共同生活を送りながら「全身全霊アイドル」として活動しています。デビュー早々から、『WALK or PORK TOUR』と称して1,000km以上を歩いてライブハウスを巡ったり、ノンストップで109回のパフォーマンスを行ったりと、身体を張った挑戦を続けており、その成長ぶりはファンの間で話題を集めています。

NARLOWは、BiSやLADYBABY、NMB48などで活躍したアイドル経験者を中心に構成された6人組ガールズグループです。2023年6月にZeppYokohamaでデビューし、感情豊かな歌詞とミクスチャーロックを基盤としたその音楽性で一躍注目を浴びました。ファンベースも急速に拡大しており、彼女たちの活躍はこれからも期待されています。

MCを担当するのは、下北沢のライブハウスReGの店長を経て数々のライブイベントを主催してきた鈴木しんや氏と、ロックアイドルグループYOLOZの壱の2名です。彼らの経験豊富なトークと、ゲストたちとのインタラクティブな交流がどんな化学反応を生むのか、期待が高まります。

『TAi-BURN!』の魅力は、AWAラウンジというオンライン空間でリスナーとリアルタイムに交流できることです。チャット機能を通じてアーティストと直接やり取りができるため、自宅にいながらライブハウスのような熱気を体感することができます。これにより、通常のライブとは一味違った楽しみ方が提供されます。

AWAは、株式会社サイバーエージェントとエイベックス・ファンマーケティング株式会社の共同出資による音楽ストリーミングサービスで、2015年から提供開始されています。1億5,000万曲以上の楽曲や多様なプレイリスト、そして様々なデバイスでの視聴が可能なため、多くの音楽ファンに愛用されています。特に、リアルタイムに歌詞を表示する「LYRIC DIVE」機能や、ユーザー同士が音楽を楽しめる「LOUNGE」は人気の機能です。

5月21日の『TAi-BURN!』第7回は、AWAの公式サイトやアプリから無料で参加できます。音楽ファンはぜひこの機会を逃さず、豪華なゲストとともに特別な夜を楽しんでください。
出典:AWA株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者