2024年05月15日更新
バーチャルアーティスト EDM Ibuki

iTokyo新プロダクションがバーチャルアーティスト「Ibuki」発表

iTokyoが「Revival Production」を立ち上げ、バーチャルアーティスト「Ibuki」がデビュー。EDM楽曲「藍嵐」を発表し、注目を集める。

16
0

iTokyo新プロダクションがバーチャルアーティスト「Ibuki」発表

音楽愛好家の皆さん、注目の新たなプロジェクトが動き始めました。“Music Communication Design Company”として知られるiTokyo株式会社が、新しい音楽プロダクション「Revival Production」を立ち上げました。そして、その第一弾としてデビューしたのが、バーチャルアーティスト「Ibuki」です。

目が離せないニュースは、Ibukiの1st Original Song「藍嵐」が公開されたことです。この楽曲は、強い決意と新たな旋風を巻き起こす覚悟を込めたストレートでスタイリッシュなEDMチューンとなっています。制作を手掛けたのは、K-POPやEDMシーンから影響を受けた楽曲「オルターエゴ」「狂う獣」で知られるボカロPのMisumiです。日本人が親しみやすい婉美なメロディーラインが魅力です。

Ibukiは「Vision Singer」として新たなジャンルを切り開く存在です。その目標は、単なるアーティスト活動に留まらず、未来のビジョンや構想を率先して創り上げることです。彼女のストーリーは、音楽の夢を諦めかけた少女が再び挑戦するという力強い物語です。このプロジェクトには、キャラクターデザインを手掛ける人気イラストレーター・カオミンや、多彩なクリエイターが参加しています。

Ibukiの1st single「藍嵐」は、キャッチーで美しいサビのメロディラインとダークなビートのコントラストが見事な一曲。これからの音楽シーンに新風を巻き起こす彼女の表現力と将来性に期待が高まります。ぜひ、彼女の公式チャンネルやSNSをチェックして、その活躍を追いかけてください。

iTokyo株式会社は、日本で生まれる魅力ある音楽IPが持続的に機能し、成長できるようビジネスを実装するエグゼキューションカンパニーです。彼らのスタンスは、大都会・東京から新たなエンターテインメントを世界に送り出し、音楽業界に新たな光をもたらすことです。
出典:iTokyo株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者