「Girls Don’t Cry」で成長を見せる!キャンディーショップ、2ndミニアルバム発売

ガールズグループ「キャンディーショップ」が、2ndミニアルバム『Girls Don’t Cry』をリリース。ダブルタイトル曲「Don’t Cry」と「Tumbler (Hot & Cold)」で、音楽的成長を証明。Z世代の共感を得る楽曲とパフォーマンスで、さらなる活躍を期待!

21
0

「Girls Don’t Cry」で成長を見せる!キャンディーショップ、2ndミニアルバム発売

「ブレイブ・ガールズグループ」キャンディーショップが、2ndミニアルバム『Girls Don’t Cry』をリリースし、更なる飛躍を遂げる。

今作は、デビューアルバム『Hashtag#』発表後、約3ヶ月ぶりのカムバックとなる。ダブルタイトル曲「Don’t Cry」と「Tumbler (Hot & Cold)」を収録し、音楽面での成長を証明している。

「Don’t Cry」は、困難に直面する人々への励ましのメッセージを込めた楽曲だ。爽やかなサウンドに乗せて、苦難を乗り越え、共に輝かしい夏を過ごそうという希望に満ちたメッセージが込められている。

一方、「Tumbler (Hot & Cold)」は、時間の経過と共に変化する愛情の温度差をテーマにした曲。軽快なシンセサイザーサウンドを基調とした、キャンディーショップの新たな音楽スタイルを感じることができる。

どちらも、多くのガールズグループヒット曲を世に送り出してきた「ヒットメイカー」ブレイブ・ブラザーズがプロデュースを担当し、キャンディーショップのサマーソング誕生を告げている。

「Don’t Cry」のミュージックビデオは、7日に公式YouTubeチャンネルで先行公開された。メンバー4人が共に苦難を乗り越え、楽しい思い出を作る様子が描かれている。青春映画のような映像美の中に、校内暴力など社会的課題も盛り込み、楽曲に込めた希望のメッセージをより深く表現している。

アルバムには、キャンディーショップならではのエネルギーを感じられる「Welcom To My World」や、デビュー曲をシティーポップにアレンジした「Good Girl (Remix)」など、全4曲が収録されている。

キャンディーショップは、Z世代と共感できる音楽と歌詞で、「Z世代のホットプレイス」としての地位を確立した。新メンバー・ジュリアを加え、さらにパワーアップしたシナジーを魅せるという。キラキラとしたビジュアルケミストリーの中に、4人のメンバーは成長した音楽とパフォーマンスでファンを魅了するだろう。
キャンディーショップの2ndミニアルバム『Girls Don’t Cry』は、ダブルタイトル曲で、新たな音楽的挑戦を見せてくれる。特に「Don’t Cry」は、困難に直面する人々に希望を届ける力強いメッセージが印象的だ。また、ミュージックビデオでは、青春映画のような映像美と社会問題を組み合わせて、楽曲の世界観をより深く表現している。

新メンバー・ジュリアの加入により、グループの化学反応がさらに加速しているように感じられる。今後のキャンディーショップがどのような音楽でファンを魅了していくのか、楽しみでならない。

Z世代の共感を呼ぶ楽曲とパフォーマンスで、キャンディーショップはさらに人気を博していくことだろう。今後の活躍から目が離せない。
出典:株式会社HUB JAPAN

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者