Workshy ワークシャイ!幻想的でメロウなグルーブ!

1986年マンチェスター出身のマイケル・マクダーモット(ベース、ヴォーカル)とケヴィン・キーホー(ギター)に、ロンドン出身のクリスタ・ジョーンズ(ヴォーカル)を加えた3人で結成。

18
0

Workshy

1988年にシングル"Yours For The Taking"でレコードデビュー。セカンドアルバム発表後の1992年にキーホーが脱退、以後の活動はマクダーモットとジョーンズのデュオ形式で行われている。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
出展:Youtube

Workshy - Love Is The Place To Be

Cool Vintage Jazz....

音楽的には、R&B、ジャズ、ラテンなどを基本に、バート・バカラックやトッド・ラングレン等のポップスの影響を受けたメロディアスでソフトな楽曲が中心であるが、歌詞の内容はイギリス的なシニカルさを含むものが多い。ほとんどの楽曲でジョーンズがリードヴォーカルを受け持つが、稀にマクダーモットがリードヴォーカルを取る場合もある。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
出展:Youtube

Workshy - Dive into Love

SOMEWHERE IN BETWEEN MATT BIANCO AND SWING OUT SISTER, - WITH A LITTLE BURT BACHARACH THROWN IN - MEET SOPHISTICATED ...

イギリス本国での知名度は低いが、日本ではデビュー当初からFMラジオを中心としたエアプレイ率が高く、80年代イギリスのポップバンドとしてはスウィング・アウト・シスターと並び根強い人気を持つ。そのためか、セカンドアルバム以降は日本のレコード会社と契約し、アルバムの供給も日本から行っている、典型的な"Big in Japan"バンドである。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
出展:Youtube

Workshy - Giving Up The Ghost

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出展:Youtube

Workshy - Trouble Mind

Workshy - Trouble Mind Album Ocean 1992.

出展:Youtube

Workshy / Clear / Love Squall - bounus track for Japan only

Workshy / clear/ love squall / Bounus Track For Japan Only.

出展:Youtube

Workshy - Love Comes Here To Stay

First track from Workshy's new album W A Y W A R D Available from workshy.squarespace.com Exclusive release on Manana Records.

出展:Youtube

Smile - Workshy

From the Smooth11Jazz1 Vault...Where MUSIC is a way of life!

出展:Youtube

Workshy - It's Too Late

from 'Soul Love'

出展:Youtube

ワークシャイ@渋谷クラブクアトロ 1995年6月27日

ワークシャイ・ジャパン・ツアー'95最終日 Workshy at SHIBUYA CLUB QUATTRO in TOKYO Chrysta Jones & Michael McDermott (Vocals), Duncan Mackay ...

出展:Youtube

Bitter Or Sweet - Workshy

From the Smooth11Jazz1 Vault...Where MUSIC is a way of life!

出展:Youtube

Workshy - It's Too Late

"It's Too Late"... ♡ by Carole King cover by Workshy Stayed in bed all morning just to pass the time There's something wrong here There can be no denying One ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者